BBQ season > バーベキュー準備術 > 初心者 > バーベキューでオススメな下ご…

バーベキューでオススメな下ごしらえ〜お肉編〜

バーベキュー当日って火起こしやら、道具のセッティングやらで何かとバタバタしがちですよね。
水場が近くにないなんてこともしばしば。
お肉なんかは手もかなり汚れますし、大量にあるのでその場で切っていると追いつかないなんてことも。
そんな時、食材の下ごしらえをしていってるととっても楽チンですよね。
また、下ごしらえの方法によってはお肉が格段に美味しくなるなんてことも!!
今回はバーベキューの主役!!『お肉』の下ごしらえについていくつかご紹介していきます!!
これさえ行えば、当日はパッパと早くお肉を焼いて食べることができますよ。


バーベキューでオススメなお肉の下ごしらえ方法

時間に余裕がない時は大変ですが、バーベキューにおいて食材の下ごしらえはやっておいたほうが当日は断然楽チンです。
知らない場所での仕込みには時間がかかりますし、早くご飯を食べたい!!という方も多いでしょうしね。

また、下ごしらえをすることで、バーベキュー中もバタバタせずにのんびり過ごすこともできます。
なので、多かれ少なかれ、下ごしらえをしていくことを絶対的にオススメします!!
基本的には下ごしらえは前日で大丈夫なので、当日の朝に早起きしなくても大丈夫ですよ。では今から、お肉の様々な下ごしらえ方法をご紹介をしていきます。

筋切り

バーベキューでは塊り肉や厚切り肉を豪快に焼くことも多いですよね!!
そんな時に絶対にやっておいたほうがいいのが、この『筋切り』という下処理なんです。
お肉は加熱すると縮む性質があり、その縮む性質のせいでお肉自体がだんだんと反り返ってきてしまいます。
この縮みや反り返りを防ぐために行うのがこの、筋切りという処理なんです。
また筋切りをすることにより、均一に熱が入りやすいなんてメリットも。
方法としては、白い脂身と赤身の境目部分に切り込みを縦になるように入れればOKです!!

スライス肉(薄切り肉)

スライス肉の場合はもともと食べやすいように切ってあるので、お酒を振りかけておけば完了です!!
お酒はお肉の臭みをとり、柔らかくしてくれる働きをしてくれますよ。

鶏肉

バーベキューでの鶏肉は、モモのぶつ切りなんかがとっても人気ですよね!!
鶏肉の下ごしらえの方法は、もし黄色い脂肪がついていれば、包丁で取り除いてください。この脂肪の塊は独特の臭みがあるんです!!
そして、表面についている硬い軟骨も取り除きましょう。
脂身が苦手なんて方は、いらない皮の部分を取ってしまえばOKです。

また鶏肉はドリップと呼ばれるネバネバした水分が出るため、キッチンペーパーでしっかりと拭き取ってくださいね。
このドリップがあると臭みが残ってしまいます。 当日も味付け肉でないのなら、焼く前にもう1度ドリップを拭き取ってください。

漬け込み〜その①果物〜

果物につけるという方法は、お肉を格段に柔らかくしてくれる働きがあります!!
果物はキウイ・リンゴ・梨・パイナップルなどがオススメです。
果物たちはすりおろして、お肉と一緒に容器に入れて漬け込んでください。時間は30分程度でOKです。
あまり漬け込みすぎると、果物の風味が強くなって、お肉の味の邪魔をしてしまったり、果物はお肉の繊維を溶かす力が強いので、お肉がパサパサになってしまいます。

また漬け込むお肉は薄切りではなく、厚めのお肉や塊のお肉にしてください!!薄いお肉はパサパサになりやすく、果物漬けには不向きです。

漬け込み〜その②コーラかビール〜

大丈夫なの?と心配もされそうなまさかの食材ですが、コーラとビールに入っている炭酸はお肉をとっても柔らかくしてくれる働きをしてくれるんです!!

また、この2つは味にコクやまろやかさも出してくれるので、一石二鳥なんですよ。
しかもコーラの場合は味移りはあまりしないという優れものなんです。コーラの場合は10分程度、ビールの場合は1時間〜2時間漬け込んでくださいね。

また焼く際は焦げやすくなっているので、少し流水ですすぐのがオススメです。ただ、この漬け込み方法は豚肉には不向きなので、牛肉か鶏肉でやってくださいね。

漬け込み〜その③赤ワインに漬ける〜

赤ワインはよくビーフシチューなどの牛肉の煮込み料理の時に使われるイメージが多いですよね?
赤ワインにお肉を漬け込むと、しっとりと柔らかくなる+お肉の臭みを消してくれる働きがあります。
漬ける時間は冷蔵庫で1〜2時間程度です。

漬け込み〜その④ヨーグルトに漬ける〜

お肉のヨーグルトでの漬け込みって実は、インド料理の下ごしらえではよく行われているんですよ。
ヨーグルトの乳酸菌はお肉を柔らかくしてくれるんです!!
しかもヨーグルトは焼いたらほとんど味は気になりません。
特にヨーグルトは鶏肉との相性が抜群です!!
タンドリーチキンみたいにカレー粉を追加で入れて漬け込んでおいても、スパイシーなお料理になって、とっても美味しいですよ。
漬け込み時間は30分〜1晩程度がオススメです!!

《バーベキューでオススメなお肉の下ごしらえについて》

以上今回はバーベキューでオススメなお肉の下ごしらえについてご紹介いたしました!!
意外な食材による漬け込みなんかも多くて、びっくりした方もいらっしゃいますよね。
少しの手間をかけるだけで、当日のお肉が絶品になるならやっておいて、きっと損はないはずですよ。
ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。

ですが、そもそも食材って下ごしらえをしたり、揃えたり買ったりするのにお金も時間も必要ですし、持ち運びも大変だったりしますよね。

でもそんなお悩みを持つ方でもご安心ください!! UP GRILLではそんな方達のお悩みを解決する、『手ぶらでバーベキュー』というサービスを行っているんです!!

この『手ぶらでバーベキュー』では食材やバーベキューに必要な道具を全て提供、貸し出しをしてくれるんです!!
これなら荷物も少なく、1から買い揃えたりする必要もないので、とっても気軽にバーベキューをすることができて嬉しいですよね!!

詳しい情報はこちらの『手ぶらでバーベキュー』からご覧ください。

楽しいバーベキュータイムを過ごせるといいですね!!

UP GRILLでは、食材のご準備、機材のレンタル、
場所によっては場所取りや撤去までを行っているので、
お客様には
手ぶらでバーベキューを
お楽しみいただくことができます。
様々なプランの中から、お客様に合ったプランを
見つけてみてはいかがでしょうか。

手ぶらでバーベキュー 〉