BBQ season > バーベキュー準備術 > 便利道具 > バーベキューでのランタンの設…

バーベキューでのランタンの設置場所

バーベキューは日中にやるイメージが強いですが、キャンプなどのように泊まりがけで、夕方や夜の暗くなる時間帯に行う方もいますよね。 そんな時に必須アイテムとなってくるのが、手元やあたりを照らすランタンですよね。 今回はそんな必需品な、ランタンの設置場所についてのご紹介をいたしますよ!
ぜひ選ぶ際の参考にご覧になってくださいね。

 


暗闇で便利なアイテム、ランタン

さて、暗がりのバーベキューでは必須アイテムなランタンについての知識をご紹介いたしますよ!
今回はランタンを設置するところについてのご説明をしていきます。
基本的に外でバーベキューやキャンプを行う時は4箇所にランタンなどの明かりを設置するのが好ましいと言われています。
その4箇所に置くランタンにはそれぞれ呼び名がついていて、

▶︎メインランタン
▶︎テーブルランタン
▶︎調理場ランタン
▶︎テント内ランタン

と呼ばれています!
下記からはそれぞれの役割について詳しくご説明いたしますよ。



メインランタン

こちらはその名の通り、バーベキューを行っている一帯をメインで照らす役割をするランタンとなります。
タープなどの柱に下げて設置しておいてもいいですし、専用のランタンポールというものもあるので、そちらに設置してもいいですよ!
広い範囲を照らしたいので、とにかく高めの位置に設置しておいてくださいね。
使うランタンはなるべく光量の多いものがベストですよ。
テーブルの上だけが明るいのでは心もとないですし、安全に動き回るには周りが見えづらくて危険です。
ですがこのメインランタンがあることにより、バーベキューを行う一帯が明るくなり、人同士のぶつかり合いを防いだり、ものとの衝突も避けることができます。
また、光が強い分、こちらのランタンに虫たちが寄ってくるので、ご飯があったり、人が多く座るテーブルに虫を寄せ付けないという役割もあります。

オススメのランタンの種類としては、光量の大きいガソリンランタンや、ガスランタン、大光量のLEDランタンですね。 もし少し光量が足りなさそうだなと思った時は、2つ設置しておけば、カバーできる場合もありますよ。

 


テーブルランタン

こちらのランタンはテーブルの上に設置しておいて、料理やテーブルの上のものを見えやすくする役割を担うためのランタンになります。
自然の中でもリビングのようなくつろぎの空間も演出してくれますよね。
1番座っていることの多いのがテーブル周りなので、極力目が疲れないように強すぎる光のものはやめましょう。
メインランタンよりも少し小さめの光量のものを選んでくださいね。
少人数の場合はもっと光量が少なくても大丈夫です。
もしメインランタンよりも光が強いと、虫が食卓に寄ってきてしまうので気をつけてください。
また、オレンジ系の色味の光のランタンですと温かみもありますし、目にもとっても優しいですよ。

基本的にテーブルランタンにはキャンドルランタンやガスランタン程度の明かりが向いています。
オシャレさや雰囲気作りに気をつけたい方はキャンドルランタンなど、お好みのランタンを用意して雰囲気作りをしてみてはいかがでしょうか。

 


調理場ランタン

バーベキューにつきものなのが食材の調理ですよね。
バーベキュー場だと明かりがある場合もありますが、河原や公園などでは十分な明かりがない可能性も大いにありますよね。
そんな時に調理場用にランタンを持って行くととっても便利なんですよ

また、包丁を使ったりすることも多い危険もたくさんな調理場なので、できればランプは2つ以上あると、手元に影ができずらくなるのでオススメですよ。
光量はメインランタンほどなくても大丈夫です。
オススメのランタンの種類としては、ガソリンランタンや、ガスランタン、LEDランタンですね。

 


テント内ランタン

キャンプのようなお泊まりの時や、お泊まりでなくとも休憩用にテントを使うことってありますよね。
そんな時必要なのがこのテント内ランタンなのです!

テント内ではすぐに寝なくとも、まったりと過ごしたり、おしゃべりをしたりとくつろぎの空間に使うことが多いですよね。荷物を置いていて、物の出し入れをする時もあると思います。
そんな時にこのランタンがあれば手元や顔を程よく照らしてくれるので、とっても便利なんですよ。
テント内ランタンの選び方としては、明るすぎず落ち着いた色味の光のものを選んでくださいね。
こうすることでリラックスでき、心地のいい光となりますよ。
また目にやさしい光なので、睡眠前に目が冴えるのも抑えてくれます。

また、テント内は密閉された空間ですので一酸化中毒になったりする危険性があったり、テントの素材は燃えやすものが多いので、火事やテントが溶けることのないように、必ず火を使わず熱をあまり発しないLEDランタンしましょう!


《暗がりのバーベキューで活躍するランタン》

以上今回は暗がりのバーベキューで活躍するランタンの設置場所についてのご紹介いたしました。
日中に行うバーベキューよりも気をつけないといけないことがたくさんある夜のバーベキューですが、その分涼しかったり、星空を眺めることができたり、昼とは違うムードがあったりととってもいいこともたくさんありますよね!
これだけでも気分が盛り上がって、もっと楽しいバーベキューにできますよ!

なのでランタンを用意して、暗がりのバーベキューにチャレンジしてみてはいかがでしょうか!
その時は是非、今回の記事を参考にしてみてくださいね!

ぴったりのランタンを用意して、楽しいバーベキュータイムをお過ごし下さい。

UP GRILLでは、食材のご準備、機材のレンタル、
場所によっては場所取りや撤去までを行っているので、
お客様には
手ぶらでバーベキューを
お楽しみいただくことができます。
様々なプランの中から、お客様に合ったプランを
見つけてみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちらから 〉