BBQ season > バーベキュー準備術 > 初心者 > バーベキューでオススメなお肉…

バーベキューでオススメなお肉の部位〜鶏肉編〜

バーベキューの一番の主役といえばやっぱりお肉!!でも一口にお肉と言っても、様々な種類や部位がありますよね。
前回はバーベキューでオススメな豚肉の部位をご紹介いたしました。
今回はお肉の中でも鶏肉のバーベキューでオススメな部位についてご紹介いたします!!
ぜひ参考にご覧になってくださいね。


さっぱりしていて美味しい鶏肉!!

さっぱりとした味わいが人気の鶏肉。お値段もリーズナブルですし、こってりとしたお肉が多いバーベキューでは必需品ですよね。 細かく切ったり、ぶつ切りにしたり、骨つきのものを調理したりと調理方法も様々。 鶏肉を選ぶ際にはなるべく透明感のあるピンク色であること。 また表面にはハリと弾力があり、皮の毛穴が盛り上がっているものを選ぶのがポイントです!! では今からは部位についての詳しいご紹介をしていきますよ。

モモ

鶏肉の中で1番人気と言っても過言じゃないのがこのモモ肉ですよね!! 赤身肉でありながらも脂身もあり、水分を多く含んでいるのが特徴です。 とってもコクや歯ごたえもあり、なおかつジューシーな味わいとなっています。こちらはジューシーさを味わうために、焼いていただくのがオススメです!! また、もともと柔らかい部位となっているので、もっと柔らかくしようとして包丁等で叩いたりすると、せっかくの食感がかえって損なってしまうので、叩かずに食べるのがいいですよ。

ムネ

ムネ部分に当たる部位ですが、脂身は少なくとっても淡白な味わいとなっているお肉です。モモ肉よりもパサパサしているというイメージが強いかもしれませんが、調理方法によってはジューシーさを十分に残すこともできるんですよ。 また、臭みもなく幅広い料理に使いやすい部位でもあります。削ぎ切りにしたり、観音開きといった切り方の工夫を少しするだけでも、柔らかさが断然アップしますよ。 こちらは水分や肉汁をぎゅっと閉じ込めるためにも、きのこや野菜などとホイル焼きでの調理法がオススメです!! 蒸し焼きにすることで水分も逃げずに、ふっくらジューシーな味わいとなりますよ。

手羽先

羽の翼の部分にあたり脂肪やゼラチンを多く含んでいるところでもあります。皮が多めの部位でもあるので、お肉と皮の旨味を両方味わうことができますよ!! 煮込み料理やスープ類でもお肉部分がほろほろと、 とっても柔らかくなり美味しいですし、焼いても皮がパリパリとして美味しいです!!

手羽元

羽の根元の部分にあたり、こちらも手羽先同様、 脂肪やゼラチンを多く含んでいるところでもあります。 味わいはコクがあり、焼いてもよし、煮込んでもよしといったお肉です。 バーベキューらしく手に持って豪快にかぶりつくのもオススメですよ!!

せせり

こちらは首にあたる部位です。とても引き締まっており、コリコリとした食感がやみつきになる部位です。 また1羽からわずかな量しか取れない希少部位でもあります。脂身はモモよりも多く、 噛むほど肉汁が出てくるジューシーさが特徴ですよ。 このジューシーさを生かすためにも、焼いて頂くのがオススメです!!

《上級者さんにオススメな本格的なバーベキュー道具たち》

以上今回はバーベキューでオススメな、鶏肉の部位についてのご紹介いたしました!!
一口に鶏肉と言っても部位によっては味も旨味も硬さも全然違って、
適した調理方法もそれぞれなので1度チェックして用意してみるといいですよ!!

また他のお肉よりもさっぱりとしているので、多かれ少なかれ、鶏肉は用意しておくのがオススメです!!
選ぶ際には、ぜひ今回の記事を参考にして買い出しをしてみてくださいね。

ですが、食材って揃えたり買ったりするのにお金も時間も必要ですし、持ち運びも大変だったりしますよね。
でもそんなお悩みを持つ方でもご安心ください!!
UP GRILLではそんな方達のお悩みを解決する、『手ぶらでバーベキュー』というサービスを行っているんです!!

この『手ぶらでバーベキュー』では食材やバーベキューに必要な道具を全て提供、貸し出しをしてくれるんです!!
これなら荷物も少なく、1から買い揃えたりする必要もないので、とっても気軽にバーベキューをすることができて嬉しいですよね!!

詳しい情報はこちらの『手ぶらでバーベキュー』からご覧ください。

楽しいバーベキュータイムを過ごせるといいですね!!

UP GRILLでは、食材のご準備、機材のレンタル、
場所によっては場所取りや撤去までを行っているので、
お客様には
手ぶらでバーベキューを
お楽しみいただくことができます。
様々なプランの中から、お客様に合ったプランを
見つけてみてはいかがでしょうか。

手ぶらでバーベキュー 〉