BBQ season > バーベキュー準備術 > 使える技 > バーベキューでの火起こしの仕…

バーベキューでの火起こしの仕方!!〜着火剤を使った方法〜

 

今回も炭コンロでのバーベキューで最初の難関とも言える、火の起こし方についてご紹介していきますよ。
前回の記事では『新聞紙を使った方法』をご紹介しましたが、今回の記事では『着火剤を使った方法』をご紹介!!
他にも様々な方法があるので、自分に合ったやり方を探してみてはいかがでしょうか。
火起こし関連の記事を読めば、あなたも立派な火起こしマスターになれるかもしれませんよ!!
ぜひ参考にご覧になってくださいね。

 

火起こし方法一覧

まずはじめに、わかりやすくするために様々な火起こしの方法を一覧にしてご紹介いたしますね。
それぞれの方法の細かい説明は各記事にてご紹介致します。

▶︎新聞紙を使った方法 ▶︎着火剤を使った方法
▶︎バーナーを使った方法 ▶︎火起こし器を使った方法
▶︎牛乳パックを使った方法

今回は着火剤を使った方法をご紹介します!!

バーナー

今回は上記の火起こし方法の中でも、着火剤を使った火起こし方法のご紹介をご紹介していきますよ。

着火剤は新聞紙等よりも確実に素早く、火をつけられることがメリットなので、バーベキューの経験が少ない初心者の方にもオススメです!!
また用意する炭も少なめでいいところもメリットの一つですね。
ですが、燃えやすくためにアルコール等の成分が入っているので、少し臭いが気になるところが難点です。

必要な道具

着火剤を使った火起こし方法で必要な道具は以下のものたちになりますよ!!

▶︎炭
▶︎着火剤 (ジェル状の液体タイプのものでも、固形対応のものでもOK)
▶︎持ち部分が長いチャッカマン
▶︎うちわか送風機
▶︎アルミホイル
▶︎軍手
▶︎炭用トング(なるべく持つ部分が長いもの)

まずは火起こし前のポイント

アルミホイル

炭コンロを使用する際に共通して面倒くさい!!と言えるのが、
炭やコンロの後片付けですよね。 さっきまでせっかく楽しい気分でBBQを楽しんでいたのに、ベタベタな油汚れや真っ黒な炭の後片付けって考えると、少しだけげんなりしちゃうのが本音の方も多いのでは?

そうなる前にオススメなのが、火起こしをする前に、コンロの下部の炭を置く部分に、アルミホイルを満面なく敷き詰めることなのです!!
(敷き詰める時はアルミホイルは丸めないでくださいね)

この一手間をすることにより、熱を保温して火の着火がしやすくなったり、アルミホイルが受け皿代わりになってくれて、肉汁や炭が直接コンロに落ちません。なので後片付けの際もアルミホイルをポイっと捨てれば、コンロも少し洗うだけになって手間が激減しますよ!!

軍手

また、炭や火を扱うので安全のためにも、炭で手が汚れないためにも必ず軍手は着用してくださいね。

炭用のトング

また、火がついた炭を動かす際には必ず、炭用のトングを使ってください。
お肉用のトングを兼用すると、食中毒の恐れもありますし、何よりも火に近くて危険です!!
必ずトングは炭用のものもご用意してくださいね!!
選ぶ際には火から遠のくためにも持つ部分が長めのものがオススメです!!

この方法の火起こしの手順

ではこの火起こし方法の手順についてご説明していきますよ!!



1.コンロに大きめの炭を置いていく

まず最初に大きめの炭を2本選び、コンロの炭を置く部分に、川の字の様に縦の状態で横並びに置きます。




2.着火剤を炭に塗っていくor炭との間に置く

次に着火剤の出番です!!
着火剤にはジェル状の液体タイプのものと固形タイプのものがありますよね。
液体タイプのものでしたら、先ほど並べた炭それぞれに直接塗ってください。
固形タイプのものでしたら、並べた炭の間に設置します!!




3.着火剤に火を付ける

今度はついに着火剤に火をつけていきますよ!!
とても燃えやすいので、着火する際はライターやマッチではなく、持つ部分の長いチャッカマンにしましょう。
これならある程度火との距離が保てられるので安全です。

ここで一番注意していただきたいことが一つ!!着火剤はとても燃えやすいので、
1度火をつけたら追加で着火剤を投入するのは絶対にやめてください!!
飛び散ったり、思わぬ燃え上り方をして大変危険です。
なのでこの時に充分に着火剤はぬったり、置いておきましょう。わかりましたか?絶対ですよ!!




4.先ほど並べた炭の上に炭を新たに置く

最初に置いた2本の炭の上に新たに、『井』の形になる様に炭を4本ほど追加で置いていきます。
この形は新聞紙を使った火起こしの方法と同じ意味があり、上昇気流の働きをさせる効果があります。
とっても大事なので覚えておいてくださいね!!




5.様子を見ながら優しく風を送る

様子を見ながら、うちわや送風機で風を送っていきます。
この際に気をつけていただきたいのは、あまり強く風を送らないことと、下から優しく風を送ることです。
強く風を送りすぎると、灰が舞ってしまったり、せっかく作った先ほどの炭の土台が崩れてしまったり、火種が消えてしまう恐れがあるからです。

また、下から風を送るのは上昇気流の働きと同じ動きをさせる必要があるからです。
目安としては炭の半分ぐらいが燃焼するぐらいです!!




6.ある程度火が回ったら新たに炭を加える

先ほどの炭にある程度火が回ってきたら、新たに炭を追加していきます。
この時は炭の形は先ほどの炭に立てかけ、ハの字になる様に周りにぐるっと置いていきます。
この形も煙突と同じ効果があるので、上昇気流を起こしやすいんですよ。

このまま風を送りながら火力を安定させていきます!!
30分は炭を動かしたりするのはやめましょうね!!
動かしてしまうと、逆に着火に時間がかかりますよ。




7.火力が安定したら火起こし完了!!

火力が安定したら、火起こしの完了です!!
お肉を焼いたりして、バーベキューを楽しんでくださいね!!


《着火剤を使った火起こしの方法》

以上、今回はバーベキューの数ある火起こし方法の中でも、素早く確実な着火剤を使った火起こしの方法をご紹介いたしました!!
参考になったでしょうか。

コツさえつかめば、あの難しかった火起こしもスムーズにこなすことができますよ!!

ですが、これらの道具を揃えたり買ったりするのにお金も時間も必要ですし、持ち運びも大変だったりしますよね。

中にはこんなにあっても、もう使わないかも…、なんて方もいるかもしれません。

でもそんなお悩みを持つ方でもご安心ください!!
UP GRILLではそんな方達のお悩みを解決する、『手ぶらでバーベキュー』というサービスを行っているんです!!

この『手ぶらでバーベキュー』では今回ご紹介した道具や、他にも食材を全て貸し出し、提供をしてくれるんです!!
これなら荷物も少なく、1から買い揃えたりする必要もないので、とっても気軽にバーベキューをすることができて嬉しいですよね!!

詳しい情報はこちらの『手ぶらでバーベキュー』からご覧ください。

楽しいバーベキュータイムを過ごせるといいですね!!

UP GRILLでは、食材のご準備、機材のレンタル、
場所によっては場所取りや撤去までを行っているので、
お客様には
手ぶらでバーベキューを
お楽しみいただくことができます。
様々なプランの中から、お客様に合ったプランを
見つけてみてはいかがでしょうか。

手ぶらでバーベキュー 〉